生産計画の精度向上

こんなお悩みありませんか?

  • 判断のベースとなる需要予測の精度を上げたい
  • 在庫異常を早期に予見し、欠品対応などの緊急対応を減らしたい
  • SCM部・倉庫・工場など複数部門の情報共有を円滑に行いたい
  • 資料を作成するのに時間がかかり、重要な判断や調整に時間をかけられない

生産計画立案時には、製品の出荷動向、原材料の手配、生産効率の維持など、多様な情報をもとに、複数部署にまたがった計画を立案しなければなりません。また、日々移り変わる出荷や在庫の状況を考慮しながらの調整業務も必須となります。計画自体の精度向上には、予測の精度向上、異常発生時の即時対応、情報共有など個々の作業について、全社的に体制を整え実現していくことが重要です。

問題解決へのヒント

1.需要予測の精度向上

各製品の出荷動向をもとに、出荷予測を精度良く求めることは非常に困難です。それでも、直近の伸び率や昨年の出荷状況、催事予定の情報などの一定の根拠をもとに予測を作り、現在の在庫や生産予定を考慮して、今後の生産計画を立案・調整する必要があります。予測そのものの精度向上には、一定の限界があります。そのため、より短サイクルで計画を見直し、対応していくことが可能な体制づくりを整備していく必要があります。

2.予測・在庫異常の早期発見と対策

生産計画立案後、予測や生産が予定とずれることで、過剰や欠品が発生することがままあります。共有資料や定期的な会議体で、日々の予測/在庫のズレをどのように捕まえるのかが課題になります。そういった場合、予測と実績のずれを乖離率などの割合で抽出したり、一定基準を超える在庫過剰/不足を警告することによっていち早く把握し、対策を打って需要予測/生産計画へ反映させるかが重要です。

3.複数部門での情報共有

需給調整には予測/在庫/生産計画など、様々なデータが集約された資料が必要になります。通常、この資料をもとに、各部門間で予定の確認、生産計画の調整などを行っていきますが、この資料のメンテナンスに時間がかかってはいないでしょうか?
資料作成を効率化/システム化し、重要な在庫異常対策、社内調整、外部との折衝へ時間を割り振ることで、より綿密な需給調整を行えるようにしましょう。

解決のポイント

  • 需要予測、生産必要量の計算精度を上げ、短サイクルで運用していきましょう
  • 予測や在庫状況の異常検知・早期対策の仕組みを構築しましょう
  • 資料作成を効率化/システム化し、作成時間を調整業務へ割り当てていきましょう

関連する他のテーマ

関連する導入事例

事務用品メーカー
事務用品メーカーB社様
Excel中心のPSI調整業務から脱却し、専用システム構築へ。
業務の統廃合・簡素化・統一化で無駄を省き、調整状況の見える化を実現

有名事務用品メーカーB社様の需給調整業務を、Excelからシステム化した導入事例です。

お問合せ・資料請求

このページの記載に関するお問合せ、資料請求はこちら