φ-Pilot series

需給調整・在庫適正化ソリューション

φ-Pilot Seriesはサプライチェーンの計画と調整を支援する業務ソリューションです。従来の生産管理やERPではシステム化対象外であった「予定在庫」を日別に把握・可視化し、日々変動する需給バランスの適正コントロールをサポートします。

対象となる業務領域

  • 需要予測・生産/調達計画
    需要予測に基づき、いくつ・いつまでに生産/調達すべきか必要量を算出
  • 予実点検・需給調整
    計画と実際のズレ、予定在庫バランスの異常を可視化し、スピーディな調整を支援
  • 在庫状態の定期点検
    過剰・滞留在庫を摘発し、改善をシミュレーション。在庫削減効果も追跡検証

ご導入の目的と効果

  • 需給調整業務のシステム化によるスピード向上、在庫適正化
  • 発注計算自動化による業務の標準化、ローコストオペレーション
  • 在庫圧縮、欠品防止、デッドストック化防止
  • 複数倉庫における在庫の適正配置

φ-Pilot Series3つの特長

特長1計画から実行まで、需給の適正コントロールに必要な機能を網羅

発注・需給調整の業務は、企業の在庫キャッシュフローの重要なかじ取り役であるにも関わらず、多くの企業様において経験的手法、個人依存度の高い業務になっています。大手の製造業様においても未だ表計算が中心であり、情報漏洩防止やコンプライアンス面からも改革が必要な領域です。
φ-Pilot Seriesでは、需要予測や在庫計画、生産必要量(発注量)の計算を合理的にサポートし、可能な限り生産・発注計画の適正化を図ります。また、計画と実需のズレが許容範囲を超えた場合にアラートで対策を促し、迅速な需給調整をサポートします。

一般的な需給調整業務とご担当者様のお悩み

他にも、ファブレス型製造業、輸入商社、国内の商社卸売業など、業種業態によって異なる「発注・需給調整業務」のフローに合わせてソリューションをご用意しています。

特長2予定在庫異常の発見・対策を重視し、クイックレスポンスを実現

未来は常に変化するもの、需要予測を100%当てることは不可能です。φ-Pilot Seriesでは、日別のダイナミックな予定在庫計算を通じて、予測と実需のズレや、入荷遅延・原材料不足などに起因する需給バランス異常を警告します。
単に警告を発するだけではなく、予想される状況をグラフィカルに可視化し、時には対策をシミュレーション表示することにより、需給調整ご担当者様の適切で迅速なディシジョンを助けます。

業務上の複雑な判断を支援

特長3実装モデルとのFit&Gapでスピーディかつ確実に構築

これまで個々のご担当者様が表計算で行ってきた需給調整業務をシステム化するには、全社で要件を共通化しまとめる必要があります。
φ-Pilot Seriesは発注・需給調整業務に特化したソリューションとして豊富なバリエーションをご用意しているため、お客様の業務と照らし合わせながら具体的な要件定義をスピーディに行うことが出来ます。また、「まずはパッケージ機能のまま使ってみる」ということも充分可能です。

φ-Pilot Seriesの効果

需給調整・発注業務への専用システム導入は、以下の効果をもたらします。

  • 業務担当者レベルでは…
    表計算での個人依存業務からの脱却、標準化、ミスの防止に
  • 部門レベルでは…
    販売部門と製造・調達部門のシームレスな業務連携に
  • 企業レベルでは…
    在庫・需給バランスの適正化(欠品・過剰在庫の予防)に

業務支援型のシステム構築で業務改革を実現