2020年2月21日 定期セミナーのお知らせ

イベント・セミナー


 

期限管理に追われる製造業の皆様へ 
「もったいない」の意識が「利益」へと繋がります。

 
昨年5月に成立し、10月1日に施行された食品ロス削減推進法。まだ食べられるのに捨ててしまう(または捨てなければならない)食品ロスは年間646万トンにのぼり、環境アセスメントとしても世界的な関心事となっています。
 
家庭では無駄をなくすための意識改善を促すにとどまりますが、多くの商品を供給する側の企業に対しては『社会的課題』『経営インパクト』両面への責務を求められます。

千里の道も一歩から、ロス削減も「気づき」から!
 
食品ロスへの企業体制の構築は、各企業千差万別で一朝一夕ではありませんし、結果が出た後で「もったいなかった」と思う事もしばしばかと思われます。
 
どのように対策するにも、例外なく、ロスになりそうかどうかを『気がつく』ところから始まります。
食品ロス・廃棄ロスが発生しそうな状況をいち早く検知し、早期対策の施策・実施する事がこれからの食品ロス対策のカギになると考えます。

本セミナーでは、システム活用による具体的解決策を導入事例を交えてご紹介します。
 
ロス削減による収益の確保、社会的責務実行の両面でお役に立てれば幸いです。

開催概要

テーマ 『これからが本番!食品ロス削減の具体的対策法とは?』
~ 早めに気づけば何とかなる!賞味期限監視システムと活用事例紹介 ~
開催日 2020年2月21日(金)
時間 13:30〜16:00
・セミナー講演 / 賞味期限監視事例紹介
・個別相談会
開催場所 株式会社フェアウェイソリューションズ セミナールーム
参加費 無料・事前登録制
主催 株式会社フェアウェイソリューションズ