需要予測(出荷予測)の精度向上

こんなお悩みありませんか?

  • 表計算での予測に限界を感じている
  • 特売やイベント、個別受注予定の管理が困難
  • 予測と発注がシームレスに繋がっていない
  • 予測と実際のズレを早期に気付けない
  • しかし…システム化するには疑問や障害がある

商品ライフサイクルが短縮化している近年、いわゆる「定番品」の比率が低下し、需要予測は大変困難な時代です。現場では特売やキャンペーンなどイベントも多く、予測の課題は増すばかり。いまだ表計算で予測を行っている企業様は、限界があるように感じてはいるものの、高価な予測システムを入れるほどでは…と思われているのではないでしょうか。
また、営業部の作成した予測が、全社計画のベースになる場合も多いですが、「在庫計画上は疑問も多い」といった声も聞かれます

問題解決へのヒント

1.統計的な出荷予測をシステム化

統計予測には様々な手法があります。予測ソフトでは基本的に、前年や、もっと長期の過去出荷実績をベースに算出するだけでなく、直近の伸び率をキャッチして売れ筋を予測に反映したり、曜日別に加重をかけたり、業態に合わせた細やかな対応も出来るようになっています。

2.特売やイベント対応

特売やキャンペーン企画によって、需要は大きく変化します。これら特需の情報を別表などで管理しておくのではなく、システムで統計予測にプラスアルファしておくことにより、予測は実際に即した数字に近づけることが出来ます。
また、突発的な大口受注など、今後の統計予測にノイズを及ぼすような実績は、自動または手動で統計計算から除けるようにしておくと便利です。

3.予測と発注のシームレスな連携

特売やキャンペーン企画によって、需要は大きく変化します。これら特需の情報を別表などで管理しておくのではなく、システムで統計予測にプラスアルファしておくことにより、予測は実際に即した数字に近づけることが出来ます。
また、突発的な大口受注など、今後の統計予測にノイズを及ぼすような実績は、自動または手動で統計計算から除けるようにしておくと便利です。

4.予測と実績の異常を検知

(略。予測をシステム化する最大のメリットは、予実異常を常に監視し、異常を検知してスピーディな対策が打てるところにある。実需が予測とズレてきたと思ったら、いち早く販促企画を投入するという手もあるし、今後予定されている発注量をコントロールする必要もある。いずれにしても、予測は100%あたることはない。予実のチェック機能が必要。)

5.予測システムの事前評価検証

(略。予測計算のシステム化メリットを感じても、自社の業務業態に合っているか不安、というお客様に、有償で事前検証サービスを行っている。お問合せ下さい。※要確認)

解決のポイント

  • 予測計算のベースは自動的に手間なく、合理的な根拠で求めましょう
  • イベント情報や受注予定を柔軟に取込みましょう
  • 予測と実績のズレを早期に検知する仕組みが肝要です
  • 事前にシミュレーションで検証してみましょう

関連する他のテーマ

関連する導入事例

精密機械商社
株式会社清光社様
需給調整業務をExcel管理からシステム化。業務標準化・作業効率化・在庫有効活用に効果あり
運動機械部品のメーカーとユーザーを結ぶ専門商社、株式会社清光社様のご活用事例です。

精密機械商社
株式会社清光社様
需給調整業務をExcel管理からシステム化。業務標準化・作業効率化・在庫有効活用に効果あり
運動機械部品のメーカーとユーザーを結ぶ専門商社、株式会社清光社様のご活用事例です。

精密機械商社
株式会社清光社様
需給調整業務をExcel管理からシステム化。業務標準化・作業効率化・在庫有効活用に効果あり
運動機械部品のメーカーとユーザーを結ぶ専門商社、株式会社清光社様のご活用事例です。

お問合せ・資料請求

このページの記載に関するお問合せ、資料請求はこちら