在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

目的/用途

  • 発注点型発注における発注点、および補充点を適正に設定することを目的とします。
  • 欠品への恐怖から過大に設定しておられる場合には、在庫の削減効果も期待できます。
  • 発注システムと併用してお使い下さい。

ポイント

  • 前月の受注(出荷)実績分布から当社方式で安全量を計算
  • 向こう1カ月間の自動生成された出荷予測に基づき、発注シミュレーションを行い、上記安全量を下回らない、最小の発注点、及び、補充点を算出
  • 間欠受注品には、受注(出荷)実績を表示し、手動設定を可能とする
  • 複数の商品グループで運用可能

機能概要

  • 毎月、定期的に計算実行 新発注点を更新
  • 商品グループを指定
  • 上述の方法で、全商品の新発注点、補充点を、計算しリスト出力
  • シミュレーション内容を、商品別にビジュアルなグラフ表示で確認
  • 間欠受注品について、必要時、手動修正
  • 個別の商品を指定して、点検、計算可能
  • CSVまたはEXCELデータとして、基幹システムへ連携可能

form_pl

製品情報

■ 必要データ
  • 倉庫別商品別日別の出荷・入荷実績および現在庫
  • 計算時点での入荷予定(発注残)データ
  • 出荷予測データ
■ 初期設定
  • 商品ジャンル・拠点・担当等、商品グループを設定可能
  • 商品ごとにパラメータテーブルで、発注入荷LTや、発注点検間隔、発注単位などを設定
  • シミュレーション関連設定、間欠受注品判定ルール等の設定
■ 関連Pilot
  • 発注シミュレーション・・・商品特性に合わせて、自動的に、出荷予測型・発注点型を切り替えて行う発注量計算

稼働環境

最新のφ-Pilot稼働環境はこちら

資料ダウンロード