在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

目的/用途

  • 生産計画立案前に、製品別需要量を計算します。
  • 製品ライン、製品グループ、対象倉庫、計算サイクル 及び 期間を、適宜、指定できます。

ポイント

  • 需要量計算の基礎データの精度向上を支援
    出荷予測データ … 出荷予測Pilotで生成(外部データ利用も可)
    入荷予定データ … 外部データアップロードで対応
  • 必要時、製品ライン毎、製品グループ毎に、任意のサイクル(日・週・月)で、いつでも計算可能
  • 計算対象として、任意の倉庫、又は仮想倉庫を指定可能
  • 製品別実績、及び、予定の視覚的検証可能
  • 計算結果はEXCEL出力可能 独自の編集作業が容易に

機能概要

生産需要量計算

  • 計算条件として、ライン、製品グループ、対象倉庫、計算サイクル、計算期間、基準値、入荷予定(前回生産計画)反映是非を、指定
  • 製品別サイクル別予定在庫推移表示し、更に製品別に詳細データ確認可能
  • 基準値対比で需要量計算、表示
  • 最終結果をEXCEL出力し、編集、及び、連携使用可能

form_pl

製品情報

■ 必要データ
  • 倉庫別商品別日別の出荷・入荷実績および現在庫
  • 出荷予測および入荷予定データは、Pilotでの生成、または、外部データの入力可能
■ 初期設定
  • 工場別ライン設定
  • 製品グループの設定
  • 計算用基準指標の指定
  • 表示用の期首日ルールの指定
■ 関連Pilot
  • 出荷予測・・・需要量計算用 予定在庫計算に必要な出荷予測データの生成
  • 簡易生産計画・・・当Pilotの出力を受けて、生産調整および計画修正を支援
  • 移動指示・・・入荷時、下位複数倉庫への移動指示作成

稼働環境

最新のφ-Pilot稼働環境はこちら

資料ダウンロード