在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

目的/用途

  • 倉庫毎に、担当者が、今後、欠品またはロス発生の恐れがある商品を発見します。具体的な対策を講じ、可能なら未然に防止できます。
  • 対策効果を推算し、業務改善効果として見える化できます。

ポイント

  • 欠品およびロスを自動抽出し、ビジュアル化
  • 問題商品の実績および予定データ推移をグラフィカルに表示。詳細な点検が可能
  • 更に、システムがシミュレーションし、異常状態を回避する推奨対策を提示。

機能概要

  • 欠品警告: 指定期間内で出荷予測に対し在庫が不足する商品を抽出。「商品別データ」でデータ詳細を確認
  • ロス警告: ロス発生の可能性がある期限付き商品を抽出、詳細点検。補充残調整や、特価販売、期限日延長等の、ロス回避対策設定可能
  • 指定商品: 任意で点検を行いたい商品を登録しておくと、異常発生の有無に関係なく、常に監視可能
  • 対策リスト: 立案後の対策の出力、および実行指示入力
  • 効果推定: 欠品対策、ロス対策、それぞれの推定効果試算

form_pl

製品情報

■ 必要データ
  • 倉庫別商品別日別の出荷・入荷実績および現在庫
  • 出荷予測および入荷予定データは、Pilotでの生成、または、外部データの入力可能
■ 初期設定
  • 商品ジャンル・拠点・担当等、商品グループを設定可能
  • 商品ごとにパラメータテーブルで、期限日などを設定
■ 関連Pilot
  • 賞味期限監視・・・賞味期限商品の「期限切れロス」を事前予知し、対策立案
  • 発注シミュレーション・・・商品特性に合わせて、自動的に、出荷予測型・発注点型を切り替えて行う発注量計算

稼働環境

最新のφ-Pilot稼働環境はこちら

資料ダウンロード