φ-Pilot series ご導入の流れ

私たちの提唱する「モデル対比法」による要件定義では、“あるべき姿(To-Beベースモデル)”として実装したPilotの業務モジュールと、貴社の実態の業務を照らし合わせながら、Fit & Gap を行います。
白紙の状態から業務をデザインするのではなく、すでにある”モデル”との対比であれば、機能要件は明確になり、「システムの完成像が事前に見える」という利点があります。
効果を確認しながら、段階的で確実な導入、ローコストかつスピーディな運用開始が可能です。
 

稼働環境

Server

Operating System Windows 2008 Server R2以降(※)
※推奨OSですが、Pilot自体はOSの制約は受けておりません。
Database 以下から任意に選択可能
・PostgreSQL
・Oracle (※)
・SQL Server(※)
※オプション対応です。
Middleware WildFly10

Client

Operating System Windows 7~10
Web Browser Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Google Chrome
FireFox