在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

こんなお悩みありませんか?

  • 表計算シートを工夫して対応しているが、手間がかかり、精度も今一つである
  • 発注入荷リードタイムが長期になるため、発注残の調整が必要となり、苦労している
  • 特に、船積み出港時の輸送品、および量をコントロールしたい

st04-01

Pilotシリーズの解決策とは

step11

  • 周期発注業務を導入
    • サイクル毎の出荷予測を計算
    • 入荷予定はエクセルで作成しアップロード
    • 予定在庫を基準値と比較、発注量決定
    • 今回入荷予定以前のサイクル毎に、予定在庫の過剰・不足を自動点検
      異常時はマーク表示をして、可能なら、発注残を修正
    • 第1ステップは、モデルをそのまま利用

step22

  • 第1ステップでモデルを利用後、独自機能の追加・修正があれば、カスタマイズへ

pilot_link

st04-02

form_pl