在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

こんなお悩みありませんか?

独自の表計算シートで実行しているが、以下の問題がある

□ 定期的に計算しているが、現場では欠品等の緊急対応が多発している
その対応作業を少なくしたい …(1)

□ 表内の基礎数値の精度を向上させたい …(2)

□ できれば実績推移を視覚的に確認したい …(3)

□ 作表時間、会議負荷を軽減したい …(4)

□ 製品グループ別に適切な計算をしたい …(5)

sm02-01

Pilotシリーズの解決策とは

■導入 生産必要量計算
sm02-02尚、上記システムは全倉庫拠点を一つの仮想倉庫とみなして運用します。厳密に、下位倉庫から上位倉庫への需要量をたどることもできます(カスケード型)。グローバルな工場、倉庫配置では輸送日数を考慮します(グローバル版)。

(1)
随時の利用が可能。日別計算も可能
但し、出荷予実異常在庫バランス らを併用し、常時監視

(2)(3)
出荷予測を 統計出荷予測 または 外部データアップロードで取得
適宜点検、修正
入荷予定を外部アップローダで取得
実績から予定データまで経過を確認可能

(4)
圧倒的な時間短縮を実現

(5)
製品グループ別に、サイクルや計算条件を
適切に設定し、計算可能

form_pl