在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

こんなお悩みありませんか?

    • 特売や販促イベントに応じた発注の増量が必要であるが、難しくて困っている
    • 情報が入手しにくい場合もあり、いつあっても良いように、在庫を過大に保有していることもある。在庫過剰要因の一つになっている
    • 今後も、これらのイベントは増加すると予測され、発注方法を改善できないものかと思案している

sc08-01

Pilotシリーズの解決策とは

  • 発注点型の発注方法では、原理的に出荷予想の変化には対応不可能
    (イ)イベント予想増量を別発注する  または
    (ロ)発注点を都度変化させる
    などが考えられる
  • 理論上は出荷予測に対応した発注方法に切り替え、かつ、イベント効果を予測に含めることで適切な発注が可能

    発注計算(最小在庫型)

    • 出荷予測に応じて発注量を計算
    • 出荷予測データには統計出荷予測を導入
    • イベント効果をエクセルフォームで
      作成しアップロード

pilot_link

sc08-02

form_pl