在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

目的/用途

      • 安全在庫量の合理的かつ実際的な設定が目的です。
      • 厳密には当社開発の最小在庫型発注計算における安全在庫量ですが、一般的な意味でもご利用いただけます。

pt052.fw

機能概要

        • 全商品を一括して、計算更新し、安全在庫量の新旧対比表を出力します。
        • 安全在庫量を求める際、安全在庫量を“0(ゼロ)”と仮定して、発注計算(最小在庫型)を利用し 発注シミュレーションを行います。
        • その際、補充判断のための予定在庫計算には統計出荷予測で生成した予測値を用いますが、 在庫更新は、前月の実際の受注データを用いて、受注=当日の出荷量と仮定して、日別在庫推移を生成します。日別在庫推移では理論上の欠品が発生することがあり、これは統計出荷予測と実際の受注出荷との差異に起因します。
        • 日別在庫推移の欠品の期間最大値を新安全在庫量とします。欠品が発生しない場合は、安全在庫量は “0(ゼロ)”となります。
        • 受注出荷データ数が少ない場合、精度不良として、注意マークを付して、人間による点検、修正を喚起します。
        • 詳細については、[最適発注点・安全在庫量の考え方]をご参照ください。

form_pl

製品情報

■ 必要データ
      • 受注実績   倉庫別/商品別/日別 ※出荷実績で代替可(欠品が把握できないため制度が低下)
      • 出荷予測   倉庫別/商品別/日別
      • 在庫履歴   倉庫別/商品別/日別 ※無い場合、現在庫から入出荷実績で逆算
■ 初期設定
      • グループ設定   商品カテゴリ・担当者などの運用条件に合わせて設定
      • パラメータ設定   発注シミュレーションの条件(リードタイム/点検間隔/補充単位など)を商品別に設定
■ 関連Pilot
      • 発注計算 最小在庫型・・・予定在庫を元に、理論上最も在庫を少なく運用できる独自方式で発注必要量を算出
      • 発注シミュレータ・・・パラメータ変更時の在庫シミュレーションや在庫寄与度をグラフィカルに表現
■ 価格
      • 200 万円 / 1在庫拠点

稼働環境

最新のφ-Pilot稼働環境はこちら

資料ダウンロード