在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

目的/用途

在庫を削減、適正化します。

  • 理論上は極限まで在庫を最小化します。

属人性を排除し、業務を合理化します

  • ただし適用条件(下記)を満足できないケースが多い場合、修正負担が大きくなる懸念があります。
    あくまで極限まで在庫を抑制することを目的にお考えください。

pt02
【適用条件】

  • 当社独自開発の発注方式です。
  • 発注時点で、発注入荷リードタイムが精度良く判明する必要があります。長期または不定時には利用をおすすめできません。
  • 出荷予測に基づいて発注量を計算します。この方式の良さを発揮するには、出荷予測に一定の精度が必要です。当社製統計出荷予測をご参照ください。
  • 安全在庫量の設定にも適正であることが望まれます。当社製安全在庫量設定をご参照ください。
  • 諸条件に無理がある場合は他の方法、例えば発注計算(発注点型)をご検討ください。

機能概要

  • 最短の入荷可能日の予定在庫を求め、安全在庫量と比較して発注判断します。
  • 発注量は次回入荷可能日に安全在庫量となるように計算します。計算結果は、発注単位に変換します。
  • 計算精度不良の場合は積極的に表示し、操作者の点検を喚起します。かつ判断根拠となる情報を提供します。
  • 入荷予定(発注残)データを自動生成できます。
  • 在庫削減上は望ましくありませんが、定期運用も可能です。
  • あくまで発注量のシミュレーションシステムです。実際の発注は基幹システムで行います。

form_pl

製品情報

■ 必要データ
  • 各種実績   倉庫別/商品別/日別の出荷・入荷実績と現在庫
  • 出荷予測   統計出荷予測で生成、またはデータ連携
  • 入荷予定   当Pilotで生成、またはデータ連携
■ 初期設定
  • グループ設定   商品カテゴリ・担当者などの運用条件に合わせて設定
  • 発注基準設定   発注基準を発注点・補充点で設定
■ 関連Pilot
  • 安全在庫量設定・・・直近実績から発注基準となる適正な発注点を算出
  • 統計出荷予測・・・過去1年の出荷実績から季節性・直近傾向を考慮した出荷予測を算出
  • 発注計算発注点型・・・発注点と現在庫・発注残で発注診断を行い、発注必要量を一括計算
■ 価格
  • 200 万円 / 1在庫拠点
  • オプション:発注点設定・・・200 万円 / 1在庫拠点

稼働環境

最新のφ-Pilot稼働環境はこちら

資料ダウンロード