在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

目的/用途

在庫を削減、適正化します。

  • 計算方式よりも発注点の設定がポイントです。当社製 発注点設定 で適正値に自動設定します。
  • 発注ロットの縮小、定期発注から随時発注への移行を検討してみましょう。
  • 削減効果予測には、在庫診断サービスをご利用ください。

属人性を排除し、業務を合理化します。

  • 通常、発注には各種の実際的条件が付随し、完全自動化には無理があります。当製品では自動で良い場合と、人間による検証が望ましい場合を、区別して出力します。また人間の検証用に判断用情報を提示し、手動対応をお勧めします。
  • このように“人間とシステムの協調”を実現し、全体としての合理化を図ります。

発注計算(発注点型)

機能概要

  • 大量の商品の中から、その日発注すべき商品を自動的に計算抽出し、推奨発注量を発注単位に変換し、出力します。
  • その中で“精度不良” “特別点検対象”商品については、注意マークを付し手動点検を促します。
  • ご担当の判断用に、その場で実績推移等のデータを提示します。
  • 特別点検商品(新商品、期間限定品、価格変動品)や、その場で気になる商品だけを個別指定し、処理することができます。
  • “発注まとめ”はカスタマイズ、またはExcel出力の編集となります。
  • 当製品はあくまで発注量のシミュレーションシステムです。実際の発注は基幹システムで行います。

form_pl

製品情報

■ 必要データ
  • 各種実績   倉庫別/商品別/日別の出荷・入荷実績と現在庫
  • 入荷予定   当Pilotで生成、またはデータ連携
■ 初期設定
  • グループ設定   商品カテゴリ・担当者などの運用条件に合わせて設定
  • 発注基準設定   発注基準を発注点・補充点で設定
■ 関連Pilot
  • 発注点設定・・・直近実績から発注基準となる適正な発注点を算出
  • 発注計算最小在庫型・・・予定在庫を元に、理論上最も在庫を少なく運用できる独自方式で発注必要量を算出
  • 周期型発注業務・・・長期リードタイム商品の発注業務全般をサポート(発注計算/発注予定/発注残調整)
■ 価格
  • 200 万円 / 1在庫拠点
  • オプション:発注点設定・・・200 万円 / 1在庫拠点

稼働環境

最新のφ-Pilot稼働環境はこちら

資料ダウンロード