在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

目的/用途

流通倉庫群が複数階層で構成されている場合に、個別倉庫ごとの必要量を順次、連鎖的に計算し、生産必要量を計算します。
仮想倉庫型よりも厳密に計算したい場合に利用します。通常は仮想倉庫型で十分な場合が多いと思われます。
pm02.fw
【適用条件】

  • 全倉庫の階層定義を行います。
  • 製品ごとの、流通経路および輸送リードタイム、便設定を行います。
  • 各倉庫ごとの、製品基準値の設定等が必要です。
  • これらはカスケードコントロールで定義します。

機能概要

  • 一つの営業倉庫で、出荷予測( 統計出荷予測 )を行い、移動入荷予定を得て発注計算(最小在庫型)を適用し、上位倉庫への移動要求を生成します。順次、全営業倉庫で計算します。
  • 続いて、上位倉庫において、移動要求を出荷予測とみなして、やはり発注計算を行い、必要量を計算します。順次、上位倉庫全てに亘って繰り返し、その要求量の総和を生産必要量とします。
  • 階層が深い場合も、同様の計算を行います。
  • 移動要求計算過程で、輸送便テーブルおよびリードタイムを参照します。

form_pl

製品情報

■ 必要データ
  • 各種実績   倉庫別/商品別/日別の出荷・入荷実績と現在庫
  • 出荷予測   統計出荷予測で生成、またはデータ連携
  • 入荷予定   データ連携、または関連Pilotで生成
■ 初期設定
  • グループ設定   商品カテゴリ・担当者などの運用条件に合わせて設定
  • 拠点設定   上位拠点・会拠点の関連性を定義
  • 在庫基準設定   各拠点での在庫基準を在庫日数、または在庫率で設定
■ 関連Pilot
  • 基準点設定・・・直近実績から発注基準となる適正な基準点を算出
  • 統計出荷予測・・・過去1年の出荷実績から季節性・直近傾向を考慮した出荷予測を算出
  • 簡易生産計画・・・工場在庫と生産必要量を元に生産が必用な時期・数量を掲示し生産計画立案を支援
  • 生産計画支援・・・貴社の計画立案の実態に合わせた支援機能(オーダーメイド)
  • 在庫バランス・・・特定拠点の予定在庫の過不足を点検、対策をシミュレーション
■ 価格
    • 基本価格 500万円

※倉庫群の階層構造により異なります。またオプションによっても変化します。
※個別の見積りになります。

稼働環境

最新のφ-Pilot稼働環境はこちら

資料ダウンロード