在庫・販売物流の業務改革 ITパートナー|フェアウェイソリューションズ

目的/用途

      • 各倉庫において欠品の予知を行い、可能な限り事前に調整して、欠品発生を避けます。
      • 在庫過剰についても、早期に予知し、対策を講じます。
      • 特に“期間限定品” “賞味期限付き商品”では有効です。
      • 併せて、異常事態対応コストの削減を目的としています。

pm07.fw
【適用条件】

  • 欠品予知には点検期間内の入荷予定データが必要です。基幹システムまたはExcelデータのアップロード、またはシリーズ製品の供給予定を用います。
  • 倉庫ごとの出荷予測データは統計出荷予測または外部データをアップロードします。
  • 全製品を対象とします。商品点数の多い場合は予定在庫異常をご利用ください。

機能概要

        • 倉庫ごとの出荷予測を統計出荷予測で生成します。
        • 倉庫ごとの入荷予定をデータアップローダまたは 供給予定で取得します。
        • 予定在庫を計算し、異常条件(欠品、過剰)と照合し、警告表示します。
        • 予定在庫表示は、日次 / 週次 / 月次の選択が可能です。
        • 各製品ごとの“期限日”があれば表示されます(カスタマイズ)。
        • 異常品に対し、調整内容を入力し、調整データとして出力します。
        • 調整実現時の在庫バランスを表示します。
        • 調整データの実行処理は基幹系で行います。

form_pl

製品情報

■ 必要データ
      • 各種実績   倉庫別/商品別/日別の出荷・入荷実績と現在庫
      • 出荷予測   統計出荷予測で生成、またはデータ連携
      • 入荷予定   データ連携、または関連Pilotで生成
■ 初期設定
      • グループ設定   商品カテゴリ・担当者などの運用条件に合わせて設定
      • 点検条件設定   不足/過剰の基準値をグループごとに在庫日数、または在庫率で設定
■ 関連Pilot
      • 予定在庫異常・・・多数の商品の点検を行い、異常商品の抽出/点検/対策を実行
      • 出荷予実異常・・・出荷予測の予実点検において異常商品を抽出、再予測を提起
      • 供給予定・・・上位拠点の今後の生産計画量から下位拠点への適正移動量をシミュレーション
■ 価格
  • 200万円/1在庫拠点
  • オプション:統計出荷予測 200万円/1在庫拠点

稼働環境

最新のφ-Pilot稼働環境はこちら

資料ダウンロード